お知らせ

想い

夏も終わりを告げ秋の気配を感じる今日この頃です。

日中の寒暖差もあり体調を崩しやすくなっています。お身体の方ご自愛くださいませ。

皆様の人生を例えるとロウソクのようだと良く言われます。

ロウソクの火は風など色んな物事でゆらいだりしますが、火を灯し続けます。

最後は命を全うしたかのように消えてゆきます。

儚いものですが私達は最後に立ち会い最善のサポートができる様に日々お手伝いをさせていただいております。

仏教で言えばどの宗派も四十九日の道のりを経て仏さまのお弟子となるようですが、

その間魂が天国に辿り着けますようにご家族そして私達もお祈り申し上げております。

Posted in 日々の出来事

ギフトのニシマ

雨が降り続き憂鬱な時期ですが こういう時はお気に入りのバックと傘を提げて
お出かけした方が 得ですね。
ひとつ お得な情報をお届けしましょう。
ささべ家族葬ホールはなのべの本社は島内にあり ギフトのニシマ
といいます。
主に 冠婚葬祭に関わるギフトをご提供しております。
近年のネット社会の要望により 楽天サイトにて商品の取り扱いを始めました。
特に 松本の特産物は人気の商品で 全国からお問合せがあり ご注文をいただいております。
私の一押しは 松本市新橋にある 白木染工場の藍染の商品です。
ご家族で考案され 染められた製品は唯一無二の色合いで感動させられます。
奥様が一枚一枚染める 草木染の製品もなんとも言えない色を醸し出しています。
原料は桜の葉や植物の種 藍の生葉 中山のブドウ だったりと様々です。
是非一度 楽天サイトの ギフトのニシマをクリックしてみてください。
藍の世界に魅了させられることでしょう。

Posted in お知らせ

初夏のおとずれ

異例の速さで梅雨も明け、暑い日が続いており初夏の足音を感じる今日この頃です。
夏と言えば「夏休み」そして「お盆」ですね。
色々なイベントや行事が盛りだくさんです。その中でも「お盆」と言えばお墓詣りそして先祖のご供養があります。
「お盆」とは故人の霊魂があの世と呼ばれる浄土から、この世に戻ってこられる期間のことを
いいます。
最近では、離れて暮らすことが当たり前になってしまっているご家族が、一堂に会す機会でもあります。
是非、ご先祖さまやご故人様への感謝と供養をしつつ、思い出話などに花を咲かせながら団らんする大切な期間を過ごされたらいかがでしょうか。
私ども「家族葬ホールはなのべ」ではそのような皆様に心のこもったサポートをしております。
いろんなご相談をいつでも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
また、「事前相談」もお気軽にどうぞご来店お待ちしております。

Posted in お知らせ

松本での家族葬

先日のご葬儀のご遺族様の生家は佐渡にあります。
佐渡の菩提寺には 住職が居なく 他のお寺様が兼務されているとのことでした。
コロナ禍なので 松本の同じ宗派のお寺様にご葬儀をしてもらうように
とそのお寺様のご指示がありました。
私共とお付き合いおある 同じ宗派のお寺様にお話しし おつとめをしていただきました。
ご故人様の体調がすぐれなくなった頃から 松本に転居したので 佐渡の生家には住む人がいなくなったと娘さんがお話してくれました。
喪主さまは 挨拶の中で 今は誰も住んでいない家ではあるが 皆が気兼ねなくお参りできるよう また足を運べるよう整えていきたいと述べられました。
いつでも帰れる地があるというのは 心の拠り所のように感じられ、いいなあと考えさせられました。 

Posted in お知らせ

木漏れ日の中で

桜の花も咲き春の訪れを感じる季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか…..
はなのべに入社して早1年様々な形の葬儀に立ち会ってきました。
家族にそして友人に惜しまれて故人を送られる姿は、とても微笑ましいくもあり故人のお人柄の良さが伺えます。
最近は家族葬が増え、ひっそりと故人を送ってあげたい傾向が多くなってきています。
はなのべではお客様のニーズに合わせた葬儀をご提供しております。
事前相談も毎日行っていますので、もしもの時の不安を取り除けるようお手伝いできれば幸いです。

Posted in お知らせ

手紙と家族葬

桜の花の蕾もほころび始めました。
皆様お変わりなくおすごしですか。 
私が先日ご葬儀を担当させていただいた方は 生前 書道の先生をされていました。
生徒さんお二人が別々に 事前に相談にみえた際も 生前に先生が慕われていた様子が感じ取れました。
その相談翌日にはお亡くなりになり ご安置させていただきました。
その時に気づいたことは 私も若かりし頃 数年書道を教わった経緯があったということでした。
生前のにこやかな笑顔と子供の生徒さんと関わっていた姿が思い出されました。
喪主である旦那様と奥様の遺作の書の短歌を詠んでみました。
読売に出され賞をとったものとの事で 味わいのある作品でした。
作品を前にし 喪主様は奥様に手紙を書きました。
「こうやって書いていると 涙が出てくるね。
 最後に感謝のことばをと思ってね。」
 と再び筆を取り始めました。

喪主様の思いは伝わったようで お棺の中のご故人様はにっこりとほほ笑んでいるように感じられました。

Posted in お知らせ

2022年 今年もよろしくお願い致します

コロナ禍で大変だった一年、お正月でも帰省できなくなった方も多かったのではないでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の感染が急拡大し厳しい状況となりました。

家族葬ホールはなのべも新型コロナウイルス感染予防のため本年もアルコール消毒の徹底、

検温検査、常に換気の徹底に心掛けていきます。

今年一年もまた厳しい状況が続くかもしれませんが、

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Posted in お知らせ

ご自宅での安置

松本市では コロナによるさまざまな規制が だいぶ緩くなってきている感がありますが 皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日 担当させていただいたご遺族様は 二年前に伯母様が亡くならて 今回は二度目のお手伝いでした。亡くなられたお母さまは 二年前は足が悪いながらも椅子に座って 元気でいらしたので とても悲しい気持ちになりました。
ご自宅でのご安置とお通夜と はなのべでのお式となりました。
県をまたいでの行き来が 出来るようになったため、喪主様のご子息の希望もあり 遠方からも駆けつけてのお集りでした。
久しぶりの再会に 通夜ぶるまいのお食事でのあたたかな雰囲気は 故人の近くの灯とともに 心に染み入るものがありました。

Posted in お知らせ

心温まる家族葬

まだまだ暑い日が続いていますが、そろそろ秋の気配を感じる今日この頃です。

私たち家族葬ホールはなのべでは一日一件ご家族様の希望に寄り添ったライフエンディングをお手伝いをさせていただいております。私達の仕事はご故人様の尊厳を守り遺族の悲しみを大切にし弔うことであります。また、近親者や集まる人々に配慮し支援することです。

お客様も様々ですが最近のご葬儀の中で印象に残った葬儀がございます。本当に家族のみのご葬儀ではありましたけれど、ご故人様が入院中ではありましたが生前お家に帰りたいという希望もあり自宅にご安置致しました。お通夜は「はなのべ」で行いましたが、通夜前日もご家族様が故人様と寄り添い一晩を過ごされました。悲しみもあるのですがご故人様ゆっくり語らいまた、お顔に触れるなどして声を掛けながら貴重な時間を過ごすことができ大変お喜びになられました。そして、最後に「ありがとう」と言葉を頂き、私たちも励みになりました。一生に一度の事なので、これからも心のこもったご葬儀ができるよう精進したいと思います。

Posted in お知らせ

LINE@で気軽に無料相談!!

家族葬ホールはなのべでは、葬儀に関するご相談をもっと気軽にしていただくため、

LINEによる無料相談窓口を開設しました。

なかなか時間がとれずご相談に来れなかった方、遠方にお住まいでご相談できなかった方など、

葬儀に関するお悩みを気軽にできるようLINEよる相談窓口を行うことにしました。

はなのべのウェブサイトから「LINE無料相談」をクリックしていただき、

「友だち登録」をしていただけますと、「トーク」から葬儀に関するご相談やご質問が

気軽に送信いただけます。

もちろん式場見学をかねた事前相談や自宅への出張相談を受け付けておりますので

こちらもお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

お急ぎの方はこちらにご連絡ください

TEL 0120-40-7745

 

Posted in お知らせ